映画 ドライヴ

ちょっと前にニコラス・ウィンディング・レフンという監督に興味を持ちネットレンタルで同監督の作品をまとめて借りました。

先ずは代表作でもあるプッシャーシリーズ1~3を。
麻薬密売人の転落劇をシリーズを通して描いていますが、ま~ク〇な世界を見せつけられたとでも言いますか。
怖いもの見たさでみてしまう、という感じです。
1、2では007 カジノ・ロワイヤルで悪役ル・シッフル役のマッツ・ミケルセンが出ていましたね。
坊主頭で入れ墨(頭と体に)とインパクト大なルックスでした。
e0304652_2256019.jpg


で、2011年公開のドライヴです。
この作品は良かったですね~。いろんな賞を取ったというのも頷けます。
e0304652_23161875.jpg

アメリカ西海岸のある町で、自動車修理工で糊口を凌いでいる若い男がいた。彼は運転技術に優れ、しばしば映画のカースタントマンをつとめ、夜には強盗の逃がし屋もしていた。彼はアパートの同じ階に住む人妻アイリーンと恋に落ちるが、ほどなく服役していた夫が釈放された。(Wikipedia)

というお話。

主人公のライアン・ゴズリングの抑えた演技が〇。
セリフはそんなに多くないんですけど、他の部分で表現多彩でしたネ。
人妻役のキャリー・マリガンも抜群に可愛いですし、悪役の人達もわかりやすく強面。
あと要所要所の音楽もいいなぁ。個人的にはエレベーターのシーンとマスクを被って出撃のシーンが気に入りました。
100分と短めの映画なので何度も観たくなります。


[PR]
by hanamaru0617 | 2016-11-02 23:24 | 映画・音楽 | Comments(0)
<< ソニータイマー発動!?@Xpe... 富士ツー。 2016秋 >>